アーカイブ :2010年09月 囲碁ボール工房だより

囲碁ボール工房だより

日本囲碁ボール普及会認定の囲碁ボール競技商品製造現場からの情報発信ブログです。

2010年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年10月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

矢野選手引退試合に思う

投げても打っても哀しい結末

9回を迎えて3対1と阪神が横浜をリード。
予定では2アウトをとった後、城島と交代して矢野がキャッチャーとして登場するはずだった。
最後の花道を藤川とのゴールデンコンビで締めくくるシナリオだ。
ところが、思わぬ藤川の不調、2者連続フォアボールでノーアウト1・2塁。

ここでバッターは場の空気を読める村田。
横浜の最下位は既に確定。実績もあり来シーズンのレギュラーも確約されている彼は当然凡打、若しくは三振するくらいの気持ちでいただろう。
ところが凡打するつもりのはずがつい好打者の本能からかバットが素直に藤川の速球をジャストミートしてしまった。
なんと打球はそのままレフトスタンドへ、逆転3ラン。
打った村田本人も「しまった!」うつむきながらダイヤモンドを一周。
全く喜んでいない様子で心情が理解できた。

結局これが決勝点となって敗戦。結局、引退試合で矢野自身が出場する事はかなわなかった。

試合後の引退セレモニーで横浜を代表して村田が矢野に花束贈呈。
サンテレビ解説の広沢さんもおもわず「それはアカンやろう…」
村田自身も矢野に詫びを入れていた様子。
矢野も広い心で受け入れる。

優勝の行方を左右する、また近年の2度のリーグ優勝の立て役者の引退試合という大事な一戦でなんとも無様な逆転負け。
しかし、ある意味これこそ阪神の魅力、阪神らしさを象徴する一戦ではなかろうか?
ファンはいままでこのような試練に毎年耐え続けて、裏切られてなお阪神を応援してし続けてきたのだ。

近年のAクラス常連成績で阪神ファンもぬるま湯につかりすぎたのではないだろうか。
いまの横浜のチーム状態、まさにこんな感じて過去数十年の殆どを費やしてきた阪神、その阪神を見捨てることなく応援し続けた阪神ファン。
開幕1ヶ月後には優勝など眼中になかった。

今日、久しぶりに懐かしい阪神の姿を見た。やっぱり阪神は阪神はだった。

追伸

引退セレモニーは感動的でしたね。また矢野の奥さん、とってもキレイ。美男美女の間に生まれたお嬢さん2人もとても可愛いですね。
スポンサーサイト

| 阪神 | 23:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。