薪ストーブのある暮らし 囲碁ボール工房だより

囲碁ボール工房だより

日本囲碁ボール普及会認定の囲碁ボール競技商品製造現場からの情報発信ブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

薪ストーブのある暮らし

快適さと引替えの重労働

 随分と秋めいてきました。1年のうちで最も過ごしやすい季節ですが、そうこうしているうちにすぐに寒い冬がやってきます。

管理人の自宅では薪ストーブで冬期の暖をとっています。寒い冬も薪ストーブを焚くとによって心も体もぽっかぽかになり、とても快適で和やかな気分になります。

しかしながらユーザーにとって悩みの種は薪の確保です。買えば一束500円程もする薪ですが、皆さんそれぞれに工夫をして安くあがるようにされているみたいです。

管理人宅では幸い、原木を格安で購入できる(1トンあたり2000円)伝手がありますので1シーズンの燃料代として1万円以下で抑えることができ助かっております。

ただし、原木ですので自分でチェンソーを使い玉切りし、さらにそれを細かく割る作業は当たり前ですが自分でやらなければなりません。この作業はそれなりに楽しいのですが、作業量によっては非常に苦痛にもなってきます。

写真の原木はサクラ、クヌギ、ナラ、樫など重量約500kg程度です。各家庭で差はありますが、1シーズン3トン~5トン程度燃やします。

さて、作業をはじめますか・・・

maki.jpg

スポンサーサイト

| 薪ストーブ | 18:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoball.blog134.fc2.com/tb.php/22-57171a6d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。